射水市民病院
お問い合わせ:0766-82-8100

5階病棟(地域包括ケア病棟)

2021年2月17日更新

 5階病棟は平成29年5月から新たに地域包括ケア病棟となり、当院の地域包括ケア病棟は2病棟になりました。

 地域包括ケア病棟は、急性期病棟での治療により状態が安定した患者さんに、安心して在宅で生活していただくために、退院後のサービス調整や生活指導を行う病棟です。また、近隣の急性期病院からリハビリテーションを継続する目的で転院してくる患者さんもいます。

 5F病棟00医師・看護師が中心となり、リハビリスタッフ・薬剤師・管理栄養士・退院支援看護師・医療ソーシャルワーカーなどが連携し、各職種の専門性を活かしたカンファレンスを行い、患者さん一人ひとりに合ったケアを提供しています。早い段階から患者さん・家族に関わり、地域との連携を深めることで、住み慣れた自宅や地域への退院を目指していきます。そのため、看護師やリハビリスタッフが必要に応じて、退院前や退院後に患者さんの家を訪問し、家屋構造の確認したり、介護力を考慮しながら患者さんやご家族の必要な指導や環境整備などを行っています。

 また5階病棟には機能訓練室が2部屋あり、感染のリスクが高い患者さんや体力が低下した患者さんなど、2階のリハビリテーション室にいく事ができない患者さんに、個室で対応しています。
1つ目の部屋ではエアロバイクを漕いだり、重錘バンドを使用した筋力トレーニングを行うことができます。もう1つの部屋では、好きな音楽を聴きながらリクライニングチェアに横になりリンパマッサージを受けることができます。


今後さらに、患者さんの個別のニーズに柔軟に対応していきたいと考えています。

 

5階 5階 5階


 
      ~ 5階病棟 食堂・デイルーム  心癒される折り紙作品 ~
あまえび お雛様 リース

      あまびえ                              おひなさま          おひなさまリース
 

 

お問い合わせ

スマートフォン版パソコン版の表示に変更する
TOP

お問い合わせプライバシーポリシー著作権について免責事項サイトマップ

Copyright©2018 IMIZU MUNICIPAL HOSPITAL. All rights reserved.