射水市民病院
お問い合わせ:0766-82-8100

地域包括ケア病棟のご紹介

2018年1月9日更新

地域包括ケア病棟とは

 急性期治療後、病状が安定に向かう患者さんに対して、医療管理・診察・看護等を継続しながら、在宅復帰を支援することを目的とした病棟です。

どのような場合に利用できるの?

  • 地域包括ケア病棟のご紹介入院治療により状態が改善し、今しばらく経過観察が必要な方

  • 入院治療により病状が安定し、在宅復帰に向けて日常生活援助等ケアが必要な方

  • 在宅での生活にあたり準備が必要な方

  • その他、地域包括ケア病棟で受入れ可能な疾患の方

    (在宅で療養中の方の一時的な入院、短期滞在の手術の入院、軽度の状態での入院等)


※長期入院が必要な場合は対象になりません。
※入院期間は必要に応じて調整しますが、「60日」を限度としています。
※病状の変化により主治医が判断した場合、一般病棟に移動していただく場合があります。

入院費について

  • 地域包括ケア病棟は一般病棟とは異なり、「地域包括ケア病棟入院料」を算定します。
    定額制で、投薬料、簡単な処置料、検査料、画像診断、リハビリ等の費用が含まれます。

  • 一般病棟より自己負担が増える場合もありますが、70歳以上の方については、ひと月の自己負担限度額が定められており、一般病棟の場合と負担上限は変わりません。
    ※食事及びおむつ代・差額ベッド代など、保険診療対象外の費用は含まれません。

診療日・時間
診療日

月曜日から金曜日
土曜日・日曜日・祝日は休診

受付時間

午前 8時15分から11時30分
午後 12時45分から16時00分

※診療科により異なります

外来診療について
外来診療担当表
救急診療について
入院・面会について
健診・ドックについて
地域連携について
スマートフォン版パソコン版の表示に変更する
TOP

お問い合わせプライバシーポリシー著作権について免責事項サイトマップ

Copyright©2018 IMIZU MUNICIPAL HOSPITAL. All rights reserved.