現在の位置:ホーム > 診療各科・各部 > 各部門のご紹介 薬剤科

薬剤科

薬剤科ではこんな業務を行っています

<外来調剤>
 当病院の医師の処方に基づき外来患者さんのお薬の調剤を行っています。
最近では国や県の指導により当病院でも外来患者さんには原則として院外処方せんを発行いたしておりますが、救急患者さんやどうしても都合の悪い患者さんに限り院内でのお薬の調剤を行っています。
<入院調剤>
 入院患者さんのお薬の調剤を行っています。入院患者さんには保存方法が異なる場合を除いて一包化(ワンドーズパッケージ)にて調剤を行っています。午前中は外来患者さんの調剤で混み合いますので入院患者さんのお薬の調剤は主に午後から行っています。
<注射剤のミキシング業務>
 注射剤は本来、密封性が高く無菌的な製剤ですが、複数の注射剤を混ぜる際に細菌に汚染されたり、少量ですが注射剤が外に噴出したりする場合があります。特に抗がん剤は、曝露した場合、健康に悪影響を及ぼす影響があるため、抗がん剤のミキシングは薬剤科内の無菌室で行っています。
<入院患者さんの注射薬の個人セット>
 入院患者さんの注射薬の個人セットを全病棟で行っています。医師の注射箋に基づき、注射せんをチェックしながら入院患者さん1人1人の注射薬を揃えています。注射薬の中には混ぜてはいけないものや投与経路の決まっているものが有りますので、注意しながら間違いの無いよう揃えていきます。最近、アンプルピッカーを導入して、より速く正確に個人セットを行うことができるようになりました。
<外来患者さんへの服薬指導>
 最近では吸入薬や糖尿病患者さんの血糖測定器など患者さんへの操作の説明の必要なものが増えてまいりました。このようなものを中心として薬剤師が直接患者さんに服薬指導を行っていす。またお薬の事で分からないことがございましたら気軽に薬局の受付にお問い合わせ下さい。
<入院患者さんへの服薬指導>
 病棟の担当薬剤師が入院患者さんへの服薬指導を行っています。患者さんが服用しているお薬の説明や服用上の注意など担当薬剤師が直接ベッドサイドへ説明にまいりますので分からないことや心配なこと等ございましたら気軽にお問い合わせ下さい。
<薬歴の管理>
 当病院で調剤を行ったお薬に関しては3年間以上の期間、患者さん毎にどんなお薬が処方されたか記録が残っています。薬剤師はこの記録を処方の監査や服薬指導に役立てています。
<院内製剤>
 治療上必要であるが市販されていないお薬の場合、院内で製剤いたします。

ジェネリック医薬品について

 射水市民病院では、患者さんの経済的負担の軽減を目指して、積極的にジェネリック医薬品を採用しています。院外処方に関しても、当院で流通や品質を確認した上で銘柄を指定して処方を行っています。これは、調剤してもらう調剤薬局によってメーカーや剤型が異なってしまうことにより、患者さんが混乱することを避けるためです。今後も近隣の調剤薬局と連携しながら、ジェネリック医薬品の導入に努めていきたいと考えています。

現在の位置:ホーム > 診療各科・各部 > 各部門のご紹介 薬剤科