現在の位置:ホーム > 診療各科・各部 > 各部門のご紹介 放射線技術科

放射線技術科

はじめに

 当科は診療放射線技師が主で構成されており、各診療科からオーダーされる画像検査を迅速に提供しています。皆さん、胸の写真を撮られた時「大きく息を吸ってとめてください」と言われた経験があると思いますが、この時写真を撮っているのが診療放射線技師です。その他にも、以下の検査を行っています。特に当院では、心臓に関連した循環器領域に力を入れているため、その領域に強い装置を採用していることが特徴です。また、我々技師は撮影技術向上はもとより、乳房撮影等女性特有の検査はもちろん女性技師が担当するといった心の配慮も忘れずに「迅速、正確、安心・安全」をモットーとして日々努力しています。

日頃の成果が評価され富山県放射線技師会から表彰されました

各種検査のご紹介

一般撮影検査

X(エックス)線を利用した一般的な検査で、胸・腹・骨等の撮影を行います。以前は、フィルムをお渡ししていたのですが、現在はモニターで画像を見ますので、撮影後はそのまま外来へお戻りください。

X線テレビ検査

X線を使って人体の透視像をTVモニターで観察しながら行う検査で、バリウムを使った胃や大腸の検査が代表に挙げられます。 また、脊髄や椎間板、膵・胆管などにも造影剤という薬を使って検査が行われます。


胃の検査

腰の検査

胆道の検査


MRI検査

 MRI(Magnetic Resonance Imaging)磁気共鳴画像といいます。X線は使用せず、強い磁場と電波を用います。MRIは縦や斜めの断層像も容易に得ることができます。 しかし、撮影時に工事現場にいるような騒音や圧迫感があったり、ペースメーカー装着や脳動脈瘤のクリップがある方は、検査ができないことがあります。
 当院では、高性能で、なるべく音の静かな装置を導入しています。






頭の血管

頸の血管

腎動脈

膵胆管


CT検査

CT(Computed Tomography)は、X線(エックス線)を使用し人体の輪切り像を撮影しますが、コンピュータ技術により様々な断面の画像を得る事ができます。当院は、平成21年10月に1回転で128枚の写真が撮れるCTを導入し、短時間撮影(例;胸部3秒・腹部5秒・冠動脈10秒)により体動や呼吸による影響の少ない画像の提供が可能となりました。特に、冠動脈(心臓の栄養となる血管)の抽出に威力を発揮します。



血管撮影検査

 血管撮影では、一般のX線写真では見えない血管に、カテーテルと呼ばれる数ミリの管を挿入し、造影剤を流しながら血管を撮影し、検査・治療を行います。当院は、平成22年4月に最新型CTと連動する装置を導入しました。特に、冠動脈検査・治療に優れており、CTで発見された狭窄部位が一番良く見えるポジションに装置を自動に移動させることが可能なので、無駄な撮影も省く事ができ、検査時間の短縮にもつながっています。


冠動脈狭窄治療前

治療後

CT+血管撮影の特徴詳細

1、CT画像との連動が可能になりました!
下図のように、CT画像で狭い部分が良く見える角度と同じ角度に血管造影装置が自動で動きますので、そこだけを治療すれば良く、検査時間の短縮につながります。結果、血管を写すために使用される造影剤の使用量を減らし、放射線を浴びる量を減らすことができます。
2、56インチの大画面モニターを採用!
日本国内で4番目に導入された大画面モニターです。大きな画面のため、医師はストレスなく検査に集中することができます。

核医学検査

ごく微量の放射線を出す薬(アイソトープ)を体内に投与して、臓器の機能を検査します。投与されたアイソトープは、ガンマ線と呼ばれる微量の放射線を放出し、これを専用のガンマカメラで撮影します。投与されたアイソトープの種類によって病変部に取り込まれたり、取り込まれなかったりします。これをガンマカメラで撮影することで、病変の状態を診断します。また、アイソトープは数時間~数日で弱まるため体内に残ることはありません。


骨シンチ

心筋スキャン

心機能解析

骨密度検査

 主に骨折の原因となる骨粗しょう症の予防や治療、経過観察等に行われる検査です。当院ではDXA法により、腰椎正面や左大腿骨頸部を測定します。検査台に5分ほど仰向けに寝て頂くだけで息止めの必要もありません。

乳房検査(マンモグラフィ)

 マンモグラフィと呼ばれるもので、専用の装置を用い乳房を圧迫し薄く延ばして撮影します。しこりとして触れないようなガンによる小さな石灰化も写し出すことができます。当院は、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会より施設認定を得ています。
そして、検診マンモグラフィ撮影認定技師は3名おりますので、安心してご来院ください。


真上から挟んだ画像

斜めから挟んだ画像

マンモグラフィ検診施設画像認定証明書

現在の位置:ホーム > 診療各科・各部 > 各部門のご紹介 放射線技術科