現在の位置:ホーム > 診療各科・各部 > 各部門のご紹介 検査科

検査科

 検査科では検査データを迅速に医師に提供し、患者さんの病態把握、診断等に貢献しています。
検査業務には血液・尿・便等を検査する検体検査と患者さんを直接検査する生理検査とがあります。検体検査にはオーダリングシステムを採用し、検体をバーコードで認識させることにより分注ミス・入力ミスなどによる検体の取り違えをなくし、より正確・より迅速に検査結果を報告しています。また、処置室(採血室)と検査科を隣接させ検体が速やかに検査科へ届くよう工夫されています。
緊急時に備え24時間検査可能なように体制を整えてもいます。
検査内容

検体検査

生化学検査  生化学検査では自動分析装置を用いて、血液や尿などの成分を化学的に分析し、肝機能や腎機能などの各臓器の病態の把握、各種疾病の診断・治療および予防に役立てられます。
血清検査  人間はウイルスや細菌など元々身体に存在しない異物(抗原)が体内に入るとこれらの異物(抗原)をやっつけようとする免疫グロブリン(抗体)を作ります。この抗原や抗体を調べるのが血清検査です。肝炎ウイルスや梅毒の感染、ある種の肺炎の罹患の有無などはこの抗原抗体反応を利用して検査します。主に癌などの腫瘍から特異的に産生される抗原(腫瘍マ-カ-)も調べています。
血液検査  赤血球や白血球、血小板等の数や、ヘモグロビンの量さらには白血球を細かく分類(好中球・リンパ球等)したり血液の製造場所である骨髄の検査、出血を止める機能(凝固機能)についても検査します。これらの検査により貧血の程度や原因、炎症の程度などがわかります。また、白血病など血液の病気が発見できます。
一般検査  身体の老廃物である尿や便を検査することにより、さまざまな身体の情報を得ることができます。尿は健康のバロメ-タ-です。尿では、糖・蛋白・潜血などを調べます。尿を遠心分離していろいろな細胞を顕微鏡で見たりもします。便では、消化器系からの出血の有無を調べる潜血検査、寄生虫卵の検出などを行います。また、髄液・胸水・腹水などの出血の有無、細胞数、生化学デ-タなどを検査します。
輸血検査  安全な輸血を行うため、輸血業務の一元化を行っています。また人為的ミスをなくすため輸血検査の全自動分析装置を使用しています。輸血副作用防止のため自己血輸血の推進も行っています。
微生物検査  感染症を疑った時、呼吸器なら喀痰・尿路なら尿・皮膚や傷なら膿等の検体を培養し、どんなバイ菌が原因かそして薬は 何が効くのかを調べ報告します。また、検出された菌の統計や集計をし、院内感染対策にも寄与しています。

生理検査

 生理検査とは患者さんの身体を直接検査し、循環機能、呼吸機能、脳神経機能などの情報を波形や画像に記録する検査です。
内容は心電図・トレッドミル負荷心電計・ホルター心電計・血圧脈波検査・呼吸機能・超音波(心臓、腹部、頚動脈、乳房、甲状腺、下肢動・静脈)・脳波・末梢神経伝導速度・睡眠時無呼吸検査・尿素呼気試験など数多くの検査を行っています。
健康管理センターにて心電図・肺活量・聴力・眼底検査も行っています。また心臓カテーテル検査時には、血管撮影室にて心電図・圧モニターの監視をしています。
心電図  両手両足・胸に電極をつけて心臓から発生する僅かな電気を調べる検査で、決して体に電気を流すわけではありません。心電図では、虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症など)・心肥大・不整脈などを調べる事が出来ます。
トレッドミル負荷心電図  胸に心電図の電極を付け、腕に血圧計を巻いてベルトコンベアの上を歩いていただいて安静時では検出できない心臓の虚血性変化や不整脈を運動負荷により誘発する検査です。ベルトの傾斜角度と動く速度によって、負荷量を調整することができます。検査には必ず医師が立ち会います。
ホルター心電図  胸部に5つ電極を装着して記録器を携帯し、一日の心電図の記録をします。安静時の心電図検査ではとらえられない一過性の不整脈や、自覚症状と心電図変化の関係などを確認する検査です。普段通りの生活が出来ますが、機械が水に濡れてしまうような(入浴・シャワー)ことは出来ません。機械は装着した翌日にはずしに来て頂くことになります。
血圧脈波検査
(動脈硬化検査)
 両手足の血圧、簡単な心電図・心音を同時に測定し、動脈血管の硬さや、詰まり具合を調べます。足と腕の血圧を同時に測定し得られるABI(足関節/上腕血圧比)は閉塞性動脈硬化症のスクリーニングおよび重症度を評価する指標となります。心臓の拍動が動脈を通じて、手や足に届くまでの速度をPWV(脈波伝播速度)は動脈血管の硬さをあらわします。
呼吸機能  肺の中にどのくらい空気が入るのか、気管支など空気の通り道が狭くなっていないかなど肺の機能を調べます。肺の病気の他、全身麻酔をかける手術の前にも検査します。マウスピースという筒を口にくわえ鼻から息が漏れないようクリップで挟み口だけで検査技師の「吸ってぇー」「吐いてぇー」の掛け声に合わせて呼吸をしていただきます。正確なデータを記録するために患者さんご本人の努力を必要とする検査です。
超音波
(心臓、腹部、頚動脈、乳房、甲状腺、下肢動・静脈)
 超音波検査とは体の表面にゼリーをぬり人間の耳に聞こえない音波(超音波)をだすプローブを体に当てはねかえってきたエコーを画像にし、各臓器の形態や動き、血流の状態を調べる検査です。
  • 心臓・・・・心臓の大きさ、壁の厚み、動き、弁の逆流や狭窄がないか等を検査します。弁膜症、心筋症、心筋梗塞、先天性心疾患などが診断できます。
  • 腹部・・・・主に肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓の形態をみます。癌などの腫瘍を見つける重要な検査です。絶食が必要です。
  • 頚動脈・・・・頚動脈は、動脈硬化の好発部位です。血管の状態を観察したり、左右の血液の流れを比べたりして、脳の血管の状態を推測したりします。
  • 乳腺・・・・乳癌や良性腫瘍、乳腺症などを検査することが出来ます。
  • 甲状腺・・・・甲状腺の大きさや腫瘤ができていないか、リンパ節が腫れていないかなどを調べます。
  • 下肢動・静脈・・・・静脈血栓の有無・動脈の場合閉塞性動脈硬化症の診断に役立ちます。
脳波  頭に20個ほどの電極をつけ、脳が活動している時に生じる小さな電気を頭皮からとらえ波形にしてあらわす検査です。検査中、機械から光をチカチカ出す光刺激をしたり眼の開閉や深呼吸をしていただいたりします。てんかん等がある患者さんには脳波に変化が起こるので、病気の診断や治療効果をみるために有用な検査です。
末梢神経伝達速度  手足の痛み・しびれなどがある場合その原因が末梢神経にあるのかを調べる検査です。糖尿病では合併症により手足の末梢神経に障害をおこしやすいため検査することもあります。手足の神経に軽い電気刺激をあたえその反応時間や波形をみます。電気刺激は身体に影響の無い程度で、終了後に痛みは残りません。
睡眠時無呼吸検査  睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome :SAS)とは睡眠中に10秒以上の呼吸停止が繰り返される病気です。主にいびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。また、SASは高血圧症や不整脈、狭心症、心筋梗塞、脳血管障害などと密接に関係しており放置すると生命の危険に及ぶこともあります。SAS特有の眠気は仕事の能率低下や交通事故を引き起こす危険もあり、社会生活にさまざまな支障をきたします。
検査には簡易検査と病院に一泊していただく終夜睡眠ポリグラフ検査(ポリソムノグラフィー:PSG)とがあります。
  • 簡易検査1・・・・メモリー機能付きの酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)を使い夜間睡眠時の酸素飽和度(SpO2)を記録することで低酸素状態の回数や時間を測定します。自宅で検査できます。
  • 簡易検査2・・・・簡易検査1に加え、鼻からの気流を測定するための温度センサー(サーミスタ)を装着することで無呼吸が検知できます。自宅で検査できます。
  • 終夜睡眠ポリグラフ検査(ポリソムノグラフィー:PSG)・・・・病棟に一泊していただき脳波、SpO2、心電図、筋電図、いびき、鼻からの気流、胸や腹の動き、眼球の動き等をモニタリングし、睡眠と呼吸状態を総合的に評価する検査です。睡眠中の検査ですので翌日は仕事へいく事ができます。
尿素呼気試験
(ヘリコバクター・ピロリ菌)
 胃・十二指腸潰瘍や胃癌とかかわりのあるヘリコバクター・ピロリ菌に感染しているかどうかを調べる検査です。検査薬を飲む前後の息で検査します。検査は約25分かかります。

現在の位置:ホーム > 診療各科・各部 > 各部門のご紹介 検査科