現在の位置:ホーム > 診療各科・各部 > 各部門のご紹介 医療安全管理室

医療安全管理室

 当院の医療安全管理室は、医療の質の改善及び安全な医療を目的に、平成19年に設置されました。

<業務内容>
 「失敗に学ぶ」活動を通じて、安全で最適な医療を提供できるよう、私たちは以下の業務に取り組んでいます。
 1.全部門からのインシデント情報の集計と分析、安全対策の立案・指導及び評価
 2.院内研修による、職員の医療安全の意識の向上と安全文化の醸成

射水市民病院医療安全管理指針(PDF/6KB)
   

医療事故防止対策に関すること

 職員全員に向けて、院内パトロールの結果を知らせています。

リスクマネージメントに関すること

 緊急時を想定し、医師や看護師だけでなく検査科や放射線科の技師などいろんな職種の職員参加のもと緊急時のシミュレーションを行っています。
 また院内セーフティマネージャーがインシデント(ヒヤリ・ハット)について毎週検討会議を行っています。

医療安全の推進に関すること

 チーム医療充実のため、インシデント「ゼロ」を目指して、院内のいろんな職種が集まって研修を行っています。

現在の位置:ホーム > 診療各科・各部 > 各部門のご紹介 医療安全管理室