現在の位置:ホーム  > 健康のための出前講座

健康のための出前講座

  射水市民病院では、市民の皆さまの健康増進、疾病予防のため、医師や医療スタッフが出向いてお話しする「出前講座」に 取り組んでいます。ぜひご利用ください。

市民病院 医師・病院スタッフによる健康教室メニュー

講 座 名 内   容 講師
飽食の時代と糖尿病 なぜ今、糖尿病は増えているのでしょう。飢餓の時代を生き延びさせた形質が万病のもと。その背景を知って、この時代私たちが身につけなければならない生活習慣を学びましょう。 堀内科部長
高齢者がかかりやすい心臓の病気と予防 加齢とともに①心臓や血管がどのように衰えていくか②それによりどのような病気になりやすいか③これを予防し、年をとっても活動的に過ごすにはどうしたらよいか等、わかりやすくお話しします。 石瀬循環器内科部長
ロコモって何?~整形外科から~ メタボに続く日本の新たな国民病とも危惧されている「ロコモ」について解説し、転倒・骨折、脊椎、関節疾患などの運動器障害により、要介護とならないための対策について分かりやすくお話しします。 毛利整形外科部長
がん予防について がんの予防についてお話しします。
①乳がん ②胃がん ③大腸がん からお選びください。
島多副院長
「尿がでにくい」「尿がもれる」 高齢化に伴い、排尿で悩んでいる方が増えています。その原因、治療法についてお話しします。 萩中泌尿器科医師
薬と上手につきあおう 「なぜ食後に飲むのだろう」から効き目が上がる薬の飲み方、安全な飲み方まで服薬の注意点やコツを知りましょう。 薬剤師
薬のなんでもクエスチョン 薬剤師が、患者さんからよく受ける質問について紹介したり、会場での質問について一緒に考える講座です。 薬剤師
健康食品とクスリ 現在では、患者さんの健康への関心が高く、普段から健康食品等を摂取して、自らの健康に配慮されることも多いようです。
しかし、薬との併用には注意が必要です。誤った使用法では、かえって健康を損なってしまうことも・・・。健康食品と薬についてわかりやすく解説します。
薬剤師
長生きのための薬の使い方 「薬の使い方」にも、長生きのためのちょっとした秘訣があります。その秘訣を一緒に学んでみませんか?目指せ健康百歳! 薬剤師
10 肩、腰、膝の痛みを和らげる方法 家庭で痛みを軽減する運動療法を実技指導いたします。 リハビリ
11 若さを保つ運動のすすめ 筋肉トレーニングの7つの効用から若返る運動を実践しましょう。 リハビリ
12 運動で血管からアンチエイジング!! どなたでも安全に行える有酸素運動を紹介します。血管から若返りましょう。 リハビリ
13 今日からできる転倒予防 転倒は、骨折や寝たきりの原因となります。「転ばない」「転んでも骨折しない」身体をつくるため一緒に運動を始めましょう。 リハビリ
14 健康長寿の食事法~身体も脳もキトキトに~ 健康で長生きするには、食事が大切です。栄養バランスの良い食事を、よくかんで身体も脳もキトキト元気になるコツをお話しします。 栄養士
15 ヘルシーお料理のコツ カロリーダウンの調理の工夫はもちろん、心疾患を予防するためにおいしく減塩する料理(減る塩(へるしお)料理)のコツについてお話しします。 栄養士
16 住み慣れた地域で生活するということ 病気を持っていても大丈夫!住み慣れた地域で長く生活できます。そのコツをお教えします。 看護師
17 ご高齢の方に多く発生する肺炎の予防策 食べ物や唾液は食道へ流れるものですが、高齢者では呼吸にかかわる道(気道)に入り、肺炎を起こすことがあります。高齢者の肺炎を予防する日常生活でのひと工夫をお話しします。 看護師
18 感染症から家族を守りましょう 毎年流行するインフルエンザやノロウィルスから家族を守るには正しい知識が必要です。感染症にかからない、うつさないための基本的方法についてお話しします。 看護師
19 知って得する「いざという時のやさしい応急手当」 突然のケガや病気に対応できる応急手当を身につけませんか?演習も行います。
内容:身近なもので担架を作ってみましょう。身の回りのもので捻挫や骨折の固定を行ってみましょう。等かからない、うつさないための基本的方法についてお話しします。
看護師

現在の位置:ホーム  > 健康のための出前講座