現在の位置:ホーム > 院内シアターSEFLER

院内シアターSEFLER(セフラー)

シアター「SEFLER(セフラー)」の名称の由来

The Spatial Environment For Learning, Enjoyment, and Relaxation
「SEFLER」は「学び、楽しみ、癒される空間」という意味と「参っている状況から引き離してくれる人」という意味を含めた造語です。140インチの大スクリーン、高出力のスピーカーを備えた本格的シアターのある病院は全国的にも珍しく、当院の象徴的な設備といえます。また、シアター内には各診療科の診察待ち番号が表示されており、順番待ちの患者さんも安心して番組を楽しむことができます。
シアター「SEFLER」の名称の由来

院内シアター「SEFLER」番組予定表

平成28年9月
テーマ 開始時間 上映タイトル
オープニングシアター 8:30 海老江曳山まつり(新)
 海老江加茂社の秋季例祭は「海老江曳山まつり」と呼ばれています。この曳山はからくり人形が有名で、東町「唐子遊び」、中町「唐子懸垂廻転」、西町「唐猿童子」があります。
 中でも西町のものは、日本一の人形師が作った傑作で、瞬時に唐子や猿の顔に変身するというものです。(きららか射水市観光NAVIより)
健康のためのいきいき知識 9:30 お酒と上手につきあうために(9:30~)
骨粗しょう症ってなあに?(9:50~)
ムズムズ体操(10:20~)

 製薬メーカー各社が患者さん向けに制作した番組の中から、健康に役立つものを厳選して上映いたします。
市民病院関連テレビ番組 10:30 夢の扉+ 他3番組
 TBS系列放送の「夢の扉+」で射水市民病院が中心となって行っている『ICTユビキタス・ホスピタルタウン射水プロジェクト』が紹介されました。センサーを使い、在宅患者の健康状態をデータにして医療機関に伝える画期的なシステムです。その他、当院や当院のスタッフが出演した3番組を合わせて上映します。
射水市民病院出前講座 12:30 高血圧のはなし-なぜ血圧は上がるのか-
 生物が海から陸に上がった環境は塩分の少ない世界でした。陸上でも塩分を体内に保持できた生物が生き残り、保持できなかった生物が死に絶えていきました。今生きている私たちの体が塩をためる力が強いのはこのためです。陸上での塩分確保への進化が高血圧の背景にあります。高血圧をどうやってコントロールしたらよいかを、血圧上昇のしくみからお話しします。
射水ケーブルネットワーク 13:30 旅チャンネル
 午後からは、射水ケーブルネットワークの番組を上映いたします。
 今月は「旅チャンネル」。世界各地の映像の世界をお楽しみください。

現在の位置:ホーム  > 院内シアターSEFLER