現在の位置:ホーム > 院内シアターSEFLER

院内シアターSEFLER(セフラー)

シアター「SEFLER(セフラー)」の名称の由来

The Spatial Environment For Learning, Enjoyment, and Relaxation
「SEFLER」は「学び、楽しみ、癒される空間」という意味と「参っている状況から引き離してくれる人」という意味を含めた造語です。100インチの大スクリーン、高出力のスピーカーを備えた本格的シアターのある病院は全国的にも珍しく、当院の象徴的な設備といえます。またシアター内には、内科、皮膚科、整形外科の診察待ち番号と薬待ち番号が表示されており、順番待ちの患者さんも安心して番組を楽しむことができます。
シアター「SEFLER」の名称の由来

院内シアター「SEFLER」番組予定表

平成29年9月
テーマ 開始時間 上映タイトル
オープニングシアター 8:30 大門神社・枇杷首神社秋季祭礼の曳山行事
 創設は明治5年(1872年)頃と言われ、昼は花傘を飾った美しい花山に、夜は優雅な提灯山として趣を変えて、通りを練り歩きます。また、庄川に架かる大門大橋を4基揃って渡る姿は圧巻で、大門ならではの光景です。
 新湊の曳山や高岡御車山と同じ型のものですが、枇杷首地区の花山車は2輪で大変珍しく、県内では高岡御車山の二番町とこの花山車しかありません。(きららか射水NAVIより)
健康のためのいきいき知識 9:30 お酒と上手につきあうために(9:30~)
間違っていないか高血圧の知識(9:50~)
ムズムズ体操(10:20~)

 製薬メーカー各社が患者さん向けに制作した番組の中から、健康に役立つものを厳選して上映いたします。
市民病院関連テレビ番組 10:30 夢の扉+ 他3番組
 TBS系列放送の「夢の扉+」で射水市民病院が中心となって行っている『ICTユビキタス・ホスピタルタウン射水プロジェクト』が紹介されました。センサーを使い、在宅患者の健康状態をデータにして医療機関に伝える画期的なシステムです。その他、当院や当院のスタッフが出演した3番組を合わせて上映します。
射水市民病院出前講座 12:30 いい湯だな~でもなぜ熱い長風呂は危ないの?
 温まると体内にどんな変化が現れるのか、心身をリラックスする入浴がともすれば命にかかわる重大な病気や事故を引き起こすことがあります。
 入浴の効用や危険性を知り安全・安心な「いい湯」を楽しみましょう。
射水ケーブルネットワーク 13:30 旅チャンネル
 午後からは、射水ケーブルネットワークの番組を上映いたします。
 今月は「旅チャンネル」。世界各地の映像の世界をお楽しみください。

現在の位置:ホーム  > 院内シアターSEFLER