現在の位置:ホーム > 病院のご紹介 > 病院沿革

病院沿革

昭和  25年 7月 高岡市立新湊病院として発足
昭和  26年 3月 新湊市立新湊病院と改称
(同年1月、市制施行により高岡市から分離、新湊市となる)
昭和  34年 11月 二の丸地区へ移転新築
内科、外科、整形外科、小児科、産婦人科及び作道分院を有する病床数127床(一般88床、結核22床、伝染17床)の病院として新発足
昭和  42年   作道分院を廃止
昭和  51年 3月 現在地(朴木)に移転新築し、新湊市民病院と改称
伝染病棟は17床で旧所在地で存続
昭和  51年 4月 新病院で業務開始
内科、外科、整形外科の3科病床数150床(一般128床、結核22床)うち労災委託病棟50床
昭和  53年 10月 現在地に伝染病棟17床を併設、病床数167床
昭和  54年 10月 小児科開設
ガンマカメラ導入
昭和  55年   頭部X線CT装置導入
昭和  56年 10月 眼科開設
昭和  60年 3月
8月
救急告示病院認定
検査棟増築
全身用X線CT装置導入
昭和  61年 2月 X線テレビ装置導入
平成  元年   医療事務の電算化実施
平成  2年   ビデオイメージスコープシステム導入
薬局オープンカウンター化実施
電光投薬表示板設置
平成  5年 11月 MRI装置導入
平成  7年 1月 南側第二駐車場(71台)完成
平成  8年 10月 皮膚科開設
平成  9年 4月
10月
新病棟完成
太陽光発電システム導入(NEDOとの共同研究)
平成  10年 1月
2月
3月

4月


6月

7月

10月
MRI装置バージョンアップ
ヘリカルCT装置導入
エントランスホール完成
CR(放射線画像情報)システム導入
新診療棟完成(外来各科、健康管理センター稼動)
泌尿器科、婦人科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、歯科口腔外科及び麻酔科を開設(計12科)
病床数200床(一般病床195床、結核病床5床)
血管連続撮影装置導入
オーダリングシステム導入
カルテ自動搬送システム、カルテ検索システム導入
人工透析稼働
第二次救急医療体制に参加
平成  11年 1月
6月
デジタルガンマカメラ導入
物品管理の電算化実施
平成  12年 1月
2月
4月
7月
8月
政府管掌健康保険生活習慣病予防健診実施機関に選定
指定居宅介護サービス事業者及び居宅介護支援事業者に指定
放射線科開設(計13科)
院外処方の本格実施
人工透析ベッド数を10床から15床に増床
平成  13年 9月 労災保険二次健診等給付医療機関に指定
平成  14年 3月
10月
輸血検査システム導入
ホルミウムヤグレーザー導入
平成  15年 10月 移動型X線装置更新
平成  16年 10月 MRI装置を最新鋭の機種に変更
平成  17年 7月
11月
外来診察番号表示システムを設置
射水市民病院に改称
(市町村合併で射水市となる)
平成  18年 5月
9月
10月
12月
医療機器管理室の運用開始
循環器科開設(計14科)
亜急性期病床開設
無拘束(電極をつけない)呼吸循環情報モニター部屋(IMIZUNO)開設
平成  19年 2月
4月
10月
10対1看護体制に変更
許可病床数199床(一般病床195床、結核病床4床)に変更
病院ホームページの開設
医療安全管理室の運用開始
医療相談室の運用開始
平成  20年 3月
4月
プラズマ滅菌器導入
日本医療機能評価機構認定Ver5.0を認定される
外来化学療法室を稼動
平成  21年 3月

4月
7月
9月

10月
放射線情報システム更新
病院改革プラン策定
クレジットカード会計の運用開始
DPC対象病院に指定
臨床研修病院入院診療加算(協力型)
HCU(高度治療室)開設
128列マルチスライスCTを導入
平成  22年 4月
10月
連続心血管撮影装置を導入
心臓血管センターHCU(高度治療室)を開設
ICT遠隔医療システム(IMIZUNO-HOME)を稼動
平成  23年 6月
8月
12月
ホスピタルガイドを作成
総合画像管理システム・所見レポートシステムを導入
病院ホームページをリニューアル
平成  24年 3月

8月
11月
健診システムを更新
CTの被ばく量を低減する装置を導入
(薬剤)自動分包機を更新
7対1看護体制に変更
平成  25年 1月
9月
11月
オーダリングシステムを更新
診療棟耐震化改築工事実施設計を発注
病院機能評価(Ver.1.0)を認定
平成  26年 3月 診療棟耐震化改築工事が着工

現在の位置:ホーム > 病院のご紹介 > 病院沿革