現在の位置:ホーム > 心臓リハビリテーションについて

心臓リハビリテーションについて

心臓リハビリテーションは心臓病の再発を予防します

 生活習慣病や高齢化により、心不全や虚血性心疾患などの心臓病は増加しています。心臓病の方は、病状を悪化させるのではないかという不安から、どうしても運動を控えがちでした。しかし近年、適切な運動は心臓病患者さんの病状を改善し、再発を予防する効果のあることが証明され、新しい治療法として注目されています。このような運動による心臓病の治療は心臓リハビリテーション(以下、「心リハ」)と呼ばれ、射水市民病院では入院・外来患者さんを対象として、毎日午後に保険診療による心リハを行っています。

心臓病を有する患者さんを対象とした夜間心臓リハビリテーションを開始します

 心リハは継続することにより、その効果が高まりますが、日中、仕事の都合などにより病院で心リハを行うことが困難な方や、保険適用期間を過ぎたため心リハを継続できない方がおられます。そこで、このような心臓病を有する患者さんを対象として、射水市民病院では、6月から夜間心リハを開始することにしました。日時は毎週水曜日の午後7時から8時までの1時間です。対象は心臓病のため医療機関に通院しておられる方で、射水市民病院の受診歴は問いません。
 夜間心リハでは、日中と同様にエアロバイクによる有酸素運動を主体としたトレーニングを行います。また、3次元の微細な振動により効率的に筋肉量を増加させるパワープレート(県内病院では当院のみ導入)も使用できます。

 運動には看護師や理学療法士が付き添い、心電図をモニターしながら安全にトレーニングを行うことができます。夜間心リハは保険診療ではなく、料金は1回2,000円です。詳しくは当院の地域連携室(電話0766-82-8136:平日の午前8時30分~午後5時15分)までお問い合わせください。

 夜間心リハをご利用したい方はこちら

 
エアロバイクによる有酸素運動           パワープレートに乗るだけで筋力増強

現在の位置:ホーム > 心臓リハビリテーションについて