現在の位置:ホーム > 地域連携について > 開放型病床のご紹介

開放型病床のご紹介

開放型病床とは

  診療所からご紹介入院の患者さんに対し、診療所と病院の双方が連携して診断と治療に当たるシステムの1つとして開放型病床(オープンベッド)があります。 開放型病床では、紹介された「かかりつけ医(ホームドクター)」である診療所の先生が副主治医となり、病院の担当主治医と協力して検査・治療を行います。 退院後も引き続き、かかりつけの先生に診ていただけますので、終始一貫した医療を受けることができす。
射水市民病院では開放型病床を5床設けております。
地域連携室
診療棟2階に
「地域連携室」があります。
ご利用の手順
  1. 地域連携室へ、地域連携室利用依頼書とオープン病床入院届出書をファックス願います。
  2. 依頼書に基づき日時、担当医を調整し、折返しご連絡します。
    (地域利用室利用決定書をファックスします。)
    ※但し、入院になるか、外来受診かは、担当医が判断します。
  3. 患者様が予約当日、保険証・紹介状を持参の上、総合受付にお越しいただき、診察をします。

下によりダウンロードできます。
地域連携室利用依頼書(開放型病床入院依頼)
オープン病床入院届出書

自己負担について

下記の費用負担がありますのでご了承ください。この他に入退院に際して若干の自己負担がある場合があります。

 
診療所への負担金額
病院への負担金額
一般被保険者
1,050円
660円
後期高齢者医療受給者
1割負担
350円
220円
2割負担
700円
440円

連絡先

〒934-0053
射水市朴木20番地
射水市民病院 地域連携室
TEL 0766-82-8136
FAX(直通) 0766-82-8764

現在の位置:ホーム > 地域連携について > 開放型病床のご紹介