現在の位置:ホーム 過去の健康コラム > 平成29年12月 温湿布と冷湿布どっちがいいの?

平成29年12月 温湿布と冷湿布どっちがいいの?

整形外科部長 多賀 正

 温湿布、冷湿布どっちの湿布を使ったらいいんですか? この質問、患者さんから非常によく聞かれます。

 実際に貼ってみると、冷湿布はひんやり冷たく感じ、温湿布はポカポカ温かく感じます。この冷たい又は温かい感覚が続いている間は、肩周りや腰のコリ感が和らいでいるように感じられます。

 これは、痛みを感じる私達の脳と、痛みのある部位をつなぐ神経の性質を使うことで、痛みが緩和され楽になったと感じているのです。脳へ痛みを伝える神経線維よりも、「湿布を貼ってヒンヤリする」「ポカポカ温かくて気持ちが良く触れられている」という感覚を伝える神経線維の方が太く、速く脳へ湿布の気持ちよい感覚を伝えるため、湿布を貼ることで痛みを抑制して症状が緩和されたように感じるのです。

 「温湿布」には温かさを感じるトウガラシ成分のカプサイシン、「冷湿布」には冷たさを感じるメントールが配合されており、皮膚の感覚(心地良さ)に違いを出します。どちらの湿布も、血流の滞りを改善させるほどの筋肉の温度変化はみられないとされ、サーモグラフィーという器械で湿布を貼った個所の皮膚温を測定しても、大きな差はみられません。

 つまり、温湿布と冷湿布の違いは、貼った時の感覚の違いですので、貼る方のお好みの湿布を使っていただければ良いと思います。どちらの湿布も、基本的には同じ消炎鎮痛剤を用いているので、薬としての効果は同じです。現在は、パップ剤やテープ剤など、さまざまな材質や大きさのものがありますので、医師、薬剤師に相談してみてください。

現在の位置:ホーム  > 過去の健康コラム  > 平成29年12月 温湿布と冷湿布どっちがいいの?